上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳

前回の日記でブルースにハマるきっかけで終わりましたが並行して追いかけてたのが

尾崎豊

コードを一通り覚えジャカジャカ弾いてた頃にマブ達の中野が多分持ってた
尾崎のCDに出会いすっかり虜になってしまいました。
中学時代は部活に明け暮れて自分自身を振り返る事もなく何がしたいのか?など考えた事もなかったわけだが、彼に出会いどんどん自我に目覚めていった気がします。

「とにかくもう学校や家には帰りたくない!」

この歌詞や他彼が発するメッセージは当時17歳だった僕には強烈でしたね。
あの頃言葉に出来なかった色んな思いを彼が代弁してくれたんですね。
色々思い出すなー。今でも殆どの歌を暗記してます。
改めて聞くと当時わからなかった歌詞がわかるようになったので少しは
大人になったなーなんて思います。
残念ながら尾崎は既に天国にいってました。今聴くとサウンドは時代を象徴してますが過去のアーティストで括られる存在ではないと思います。彼のメッセージやカリスマ性はこの先何年も残っていくと確信してます。



simseklevent_blues.jpg

前回の続きです。

高校一年の夏休みも終わりギターを手にした季生少年は
ギター=音楽で学校での音楽といえばブラスバンド部だったので
同じ町内に住んでて同じ高校にいる中野を頼ってブラスバンド部に入りました。
それまで僕はアウトドア系、彼はインドア系だったので交わる事は少なかったのですが
僕が音楽に興味を持ったことでインドア系になり急速に彼と親しい仲になっていき
今でも親友として人生の心の支えになってます。

ブラスバンド部に入り中野と同じくサックスを吹いてましたが、それとギターを弾く事は
自然と分けていて学校にいる時はサックス。家に帰ればギターという感じだったのでギターに
触れる機会のほうが多かったし興味も断然ギターを弾く事にありました。
僕は狭く深く掘り下げるタイプで中野は広く浅く掘り下げるタイプだったので
知識が少なかった当時は中野に何でも教えてもらって何でも吸収していきました。
そしてそんな日々の中である時中野が持ってたブルースのCDに衝撃を覚え
しかもそのCDの中の「Sweet Home Chicago」を中野が弾いてるではありませんか!
これが覚えてる中で印象的な初期衝動です。
「ブルース」という音楽は形式的には12小節や8小節単位のものが延々と繰り返す中で
そのルールの上に歌詞が載ってるものです。もっと色々ありますが割愛します。
その延々とつづくLoop感が非常に魅力的で魔法を見てるようでした。
もうそれからはブルースの事で頭がいっぱいになり手始めに当時ギターマガジンで
クラプトンの特集がしてあり彼が影響を受けたブルースマンのタブ譜が載ってたので
「Hideaway」を完コピしました。
このブルースに衝撃を受けた同時期にギターを弾く先輩がいて彼が弾いてる「Stairway to Heaven」にも
衝撃を覚えツッペリンと言うバンドにも傾向していくことになり彼らの初期のアルバムで
ブルースカバーが多々あるのに気がつきブルースの偉大さに更に気づかされブルース熱が更に
燃え上がったのをよく覚えてます。

次回から当時買ったCDを覚えてる限り感想も添えてタラタラと書いていこうかなと思います。

main_m.jpg

友達の9割は音楽仲間だ。16歳でギターを始めてから出会ってきた人たちが
それに関連してる人だからだ。狭い世界で生きてると言わればNoとは言えない。
とりあえずギターを始めたきっかけから書いてみようかなと思う。
僕は今の姿からは想像もつかないと思うがスポーツ万能だった。ホントす!
小中と常にトップクラスでした。中学ではハンドボール部に所属して
部活の毎日で音楽のオの字も知らない少年でした。
部活の3年間で色んな事を得たが最終的に思い返してみれば

「強制が嫌い」

が思い浮かぶ。今でもそうですが団体で動くのも嫌い。
この頃は自負してなかったが強制で団体が嫌いってのが心の底で燃えてたんでしょうね。
高校に入ってハンドを勧められたがサッカーがやりたかった。
少しかじって部活に入るのを勧められたが何せ部活。

「強制が嫌い」、「団体行動が嫌い」

の自分にとしては気が進まなかった。
そうこうしてるうちに夏休みになり中学は「日々部活」だったが
小学生以来の「日々遊ぶ」に突入。
夏休み入る前だったかな、親戚の子供が両親共働きで夏休みの子供の面倒に困ってる
との情報が親に入りなんとなく聞かされてた。
そこでどうせ暇だからなーと思い立ち

「俺泊まりこみで夏休み中面倒みるわー」

と相手の事情も考えず半ば強引にお泊り道具を持って40日間泊り込みをした。
なんと部屋も1部屋もらえた。この親戚の家での40日間はこの後の人生に多大な
影響を及ぼす事になります。まぁ思春期だから当然かw

面倒を見る子供は当時小学3年生。面倒を見るほど大変ではない。
ただ一緒に遊んであげたりするだけ。少しくらい家事をすべきだったかな。。
何日かして押入れの奥にに古いギターがあるのを確認した。
しかしその時は興味がなくそれで終わり。
である時叔父さんが家で色んな音楽を聴いてアーティストについて
色々語ってたので
「そういえば押入れにギターあるね!」
と言ってみたら
「叔父ちゃん昔弾いてたんだー」
との事。
「じゃあ叔父ちゃん弾いてみてよ!」
押入れから引っ張り出した。
ついでに何百曲もあるコード付き歌謡曲の歌本もだして
ずーっと歌ってくれた。
それ以来ギターは表に出っぱなし。
しかし中学校の授業で見事に弾けなかったギターが弾けるわけもないと
確信してたので以後触りもしなかったが夏休みの後半だったかな
「叔父ちゃんが教えちゃるけ弾いてみー」
「はぁ、まぁ、うん。。。弾いてみる」
で弾くわけだがさっぱり弾けない。今考えると当然弾けるわけない。
毎日時間もあったので子供と遊びながら宿題もせずに少しずつ触っていました。
そして夏休みの最終日家に帰る日に
「叔父ちゃんギター借りていっていいかな?」
「エエよー。歌本ももってけ。これやっとけば大丈夫!」
そんなこんなでギターを手にすることになる。

つづく。

かれこれ5年位変なスパイラルから抜け出せないでいる。
頭の中の整理が全然つかず何がしたいのかさっぱりわからなくなってます。
そう、全て自分のせい。
書き物をすることによって少しは整理がつくかもしれないと思い立ち
以前のようにブログを書いてみようかなーなんて思ってます。

暑いざんすね。半年も書いてませんでした。。。
果たしてログインできるかなと思ったらOK牧場。
なんやかんやでここ最近活動できてなかったのですが
ようやくフットワークが軽くなりそうです。
昨日は早速会いたい人たちに会ってきました。KAGURAの新曲良かったなー。
ほんで早速来週セッション決まったし。Yes!ありがとう晋ちゃん。
明日は以前Recも手伝った扇谷さんだ。あっ、、、明日は無理っぺぇ。ゴメン
来週は貴さんと靖雄に会いに行こう。ペンギンだっけ??
来月しのぶちゃん来るのかな~?

そういえば待機児童脱出したよ。ウホ。
お涙頂戴作戦が効いたかな。へへ。

でぇー、「ハル、おとうと、ほしい」、「ハル、おとうと、ほしい」、「ハル、おとうと、ほしい」
と分かってるのか家の2歳が連呼してます。正直どうなん?

俺は「アナログディレイほすぃ」「アナログディレイほすぃ」、「アナログディレイほすぃ」
DM-2、Malekko 600とか




Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Trust & Passion, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。